冬の句

むささびの眠りてゐたる動物園  

ラグビーの終りて他人と握手する

凩を耳に渋茶の旨きこと     

冬銀河君のイニシャルたどりゆく

 着ぶくれてホームにひとり旅立てり

 由比ヶ浜カフエに毛糸の帽子売る

うしろから外套着せらる夜のあり

列車待つしばし男と日向ぼこ  

 耳袋胡同の闇深きこと      

 恋ふひとの髪を飾るやむつのはな

戯れの約束もなく聖夜かな   

 誰ぞ吹くと訊ぬる吾子や虎落笛 

逢瀬日の書き込みのある古暦 

餅を買ふ男ありけり路地の奥 






トップへ
トップへ
戻る
戻る